パソコン周辺機器

  商品情報[個人]トップ > お客様サポート > パソコン周辺機器(P3)  > Q&A
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

P3

お問い合わせ

※該当の商品は生産完了品です
  • No : 612
  • 公開日時 : 2014/05/30 14:55
  • 更新日時 : 2017/12/06 11:37
  • 印刷

給電方式について

回答


 --常時商用給電--
通常時は入力の電源をそのまま負荷に供給し、停電時には入力の電源をを商用電源からインバータ回路に切り換え、電池から電源を供給する。

 メリット:価格が安い、内部損失が少ない
 デメリット:電圧の安定化不可、切替時間必要

 --AVR機能付常時商用給電
ラインインタラクティブ方式と呼ぶ場合もある。常時商用給電方式のUPSの入力-出力間に、昇降圧回路(トランス)を追加したUPSのこと。

 メリット:電圧の補正が可能、価格が比較的安い
 デメリット:常時商用と比べ大きく重い

 --常時インバータ給電--
定常時は商用電源(交流)を直流に変換し、この直流をインバータ回路によって交流に変換し、負荷に電源を供給する。停電時には電池を電源としてインバータ回路を動作させ負荷に電源を供給する。

 メリット:出力電圧が安定している、切替え時に瞬断しない
 デメリット:価格が高い

アンケート:ご意見をお聞かせください