パソコン周辺機器

  商品情報[個人]トップ > お客様サポート > パソコン周辺機器(P3)  > Q&A
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

P3

お問い合わせ

※該当の商品は生産完了品です
  • No : 984
  • 公開日時 : 2014/05/30 14:59
  • 更新日時 : 2019/08/09 13:57
  • 印刷

I/Oデバイスエラーが発生しました

ディスクをセットして、マイコンピュータやエクスプローラからアクセス
すると
「○○にアクセスできません。I/Oデバイスエラーが発生したため、
 要求を実行できませんでした。」
と表示されて、ディスクにアクセスできません。

カテゴリー : 

回答

I/Oデバイスエラーは、ドライブ又はメディアにトラブルが発生している
可能性が高いエラーメッセージとなります。

特定のディスクでのみ発生する場合は、該当ディスクに問題が発生
している可能性が濃厚と思われますが、
複数枚のディスクや種類の異なるメディアでもI/Oデバイスエラーが
発生していると、ドライブ自体に問題が発生している可能性がございます。

その場合、下記にご案内するトラブルシューティングを試す事により、
改善された事例がございます。


●デバイスドライバの再認識●
 下記操作にてデバイスドライバの再認識をおこない、改善されるか
 お試しください。

1. 「デバイス マネージャ」を開きます。
2. 開いた画面の中の『DVD/CD-ROMドライブ』項目ダブルクリック
 します。

 (例:LF-M721JDが接続している場合)
 DVD/CD-ROMドライブ → 「MATSHITA DVD-RAM LF-M721」

  →上記「MATSHITA…」を右クリックして削除し、パソコンを再起動
   します。

  ※正常に表示されていない時は「!」や「?」マークが付いている
   場合もございます。
   (同様に削除してパソコンを再起動します)


●セーフモードで起動してどうか●
 セーフモードにて起動を行い、付属CDや各種ディスクが読み込めるか
 お試しください。

 【セーフモード起動方法】
 PC電源投入後、F8キーを数回打ち続けると、セーフモードが立ち
 上がります。
 セーフモードで動作が可能な場合は、パソコンにインストールされている
 常駐プログラムの影響を受けている可能性がございます。 


●接続の変更●
 ドライブを接続する場所を変更して改善があるかお試しください。

 (外付ドライブの場合)
 ・USBハブを使用している場合、パソコンのUSBポートに直接接続。
 ・接続しているパソコンのUSBポートを変更。
 ・他にもUSB機器を接続している場合、該当ドライブのみを接続して
  どうか。

 (内蔵ドライブの場合)
 ・セカンダリ⇔プライマリの変更。
 ・マスター⇔スレーブの変更。
 ・他ドライブも接続している場合、該当ドライブのみを接続してどうか。
 ・IDEケーブル、電源ケーブルを一度取り外して電機的なリセットを
  おこなう。


●ケーブルのご確認● ※内蔵ドライブのみ※
 ドライブが接続されているIDEケーブルをご確認頂き、40芯(ATA66対応
 など)の物であれば、これを80芯(ATA100対応など)の物に変更して
 お試しください。


●転送モードの変更● ※内蔵ドライブのみ※
 該当ドライブの転送モードをPIO⇔DMAと切り替えて改善されるか、
 お試しください。

 【転送モードの変更手順】
 (1)[デバイスマネージャ]をクリックします。

 (2)[IDE ATA/ATAPIコントローラ]の左側の[+]をクリックします。

 (3)[セカンダリIDEチャネル]を右クリックし[プロパティ]をクリック
   します。
    ※該当ドライブをセカンダリに接続している場合です。

 (4)[詳細設定]タブをクリックし、ドライブを接続している[デバイス]の
   項目で転送モードがDMAに設定されていましたらPIOに変更して
   ください。


●ソフトのアンインストール●
 他社製ライティングソフト、仮想CDソフト、パケットライトソフトが
 インストールされていると競合してしまうことがございますので、
 ソフトウェアの再インストールが可能であれば、一旦アンインストールを
 行って改善されるかお試し願います。

 今まで報告のあった競合ソフトの一例を下記にご案内します。

  ○ライティングソフトウェア
    Easy CD Creater、EASY MEDIA CREATOR、WinCDR、
    NERO、Drag'n Drop
  ○仮想CD
    DAEMON Tools、CD革命/Virtual、Virtual CD
  ○パケットライトソフト
    DirectCD、Drag-to-Disc、PacketMAN、Sonic DLA

 ※必ず再インストール用のCD-ROMご用意して頂き、再インストールが
  可能な状態でアンインストールを行ってください。


●レンズクリーニング●
 改善をお約束するものではございませんが、可能であればレンズ
 クリーニングをお試しください。

 (ポータブルドライブの場合)
 市販のカメラ用レンズブロワーにて、レンズのお手入れをお願いします。

 ※ディスクタイプのレンズクリーナーをご使用の場合、故障の原因となる
  場合がございます。

 (カートリッジ対応ドライブの場合)
 お持ちであれば、専用レンズクリーニングキットにて
 レンズクリーニングをお願いします。

【レンズクリーナー DVD-RAM/PDドライブ用:LF-K123LCJ1】
 ※「LF-K123LCJ1」は、すでに生産終了となっている為、ご入手が
  難しくなっております。

レンズ・クリーナー
 ブルーレイレンズクリーナー:RP-CL720A-K
 https://panasonic.jp/acc/p-db/RP-CL720A-K.html

※「RP-CL720A-K」は、DVDレコーダー「ディーガ」専用との記載が
 ございますが、カートリッジ付DVD-RAMに対応した弊社製ドライブで
 あれば、ご使用頂くことが可能です。


●別パソコンへの接続●
 可能であれば、別のパソコンに該当ドライブを接続しての動作を
 ご確認ください。


別パソコンへ接続して頂いても改善されない場合は、残念ながら
ご使用ドライブに何らかのハードウェア的な異常が発生している
可能性が高いものと思われます。

誠に恐れ入りますが、補修部品保有期間が終了しており、修理対応を
行う事ができませんので、他社製品への買い替えをご検討ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください